アイキャッチ03

blog

003 アロマティカスの緑

「アロマティカス」という植物、知っていますか?
前回ご紹介したガジュマルや、パキラ、ウンベラータなどの人気のインテリアグリーンと比べると、少し知名度が下がるかもしれませんが。。。


少し淡さのある、爽やかでかわいらしい緑色。
でも、ただ単にかわいいだけではない、とても育てがいのあるグリーンなんです。




アロマティカスが欲しくなる6つの理由


1 ミントのような良い香り

その名に「アロマ」を冠する通り、芳香性の植物です。
ミントに似た、爽やかな甘い香りに癒されます。



2 触りごこちが良い

肉厚の丸葉は、細かな産毛に覆われてふっくら!

000

耳たぶのような不思議な触り心地はくせになります。



3 簡単に殖やせる

見かけとはうらはらにたくましい生命力。
初心者でも簡単に殖やせます。

1:10cm程度にカットしたものをよく湿らせた土に挿す
2:半日陰で、土が乾かないように水やり
3:2週間ほどで発根し、そのまますくすく成長

ediplexのアロマティカスも最初は1鉢からスタート。
今では小さな鉢植えが5つになりました。



4 水挿しでも殖やせる

水挿しも可能と聞いたので…

001

これだけでちょっとしたおしゃれな観葉植物ですね!

定期的にきれいな水に交換し、
こちらも2週間ほどで発根するのだそうです。



5 料理に使えます

別名はキュバンオレガノ。またはスープミント。
シソ科。

ということで、実は食べることができるグリーンなのです。
オムレツやスープに刻んで入れたりするのだそう。



6 おしゃれなドリンクにも

氷を入れたグラスに炭酸水とアロマティカスを浮かべて…

002

こんなふうに初夏にぴったりな涼しげなドリンクになります。

冬だったら、紅茶やハーブティーに浮かべるときっと素敵ですね。




基本の育て方


おそらくアロマティカスが欲しくなってきた頃だと思うので 笑
最後に基本のお世話について。


置き場所

寒さに弱く、乾燥気味の環境を好み、日光が好き。
とはいえ直射日光では葉が痛んでしまいます。
→「室内の明るく暖かい窓際」あたりがベストの環境のようです。



水やり

頻度はやや控えめ。
季節や土の状態によりますが、1週間に1度程度。
その時は鉢底から流れ出るくらいにたっぷり。



注意事項

何より過湿が大敵!
水のやり過ぎによる根腐れ、葉の茂り過ぎによる蒸れに要注意。




COLOR DATA


[アロマティカス] #c9cc57 / R201 G204 B087 / C030 M015 Y075 K000



次の緑は…


次回は、夜になると眠ってしまう不思議な植物、
「ねむのき」ことエバーフレッシュをご紹介しようと思います。


NEXT >>> 緑図鑑004 エバーフレッシュの緑