blog

人のふり見て・・・!第3回目

世の中はゴールデンウィークに突入、
すっかり暖かくなりましたね。

街でも新社会人と先輩とおぼしきグループやコンビを目にする機会が多い時期です。
真剣に話をしていたり、談笑していたりとその風景は様々ですが、
そんな姿を見ていて、ふと新卒からこれまで過ごした社会人生活の
色々なシーンが頭の中を駆け巡っていく事があります。

新卒から数えて社会人生活18年目(!)、
良かったこと、嬉しかったことももちろんですが、
それにも増して頭に浮かぶのは、やっちまった系の思い出です。
会社ブログでありながら会社の信頼を下げる危険性があるので
詳細は控えさせて頂きますが、
今思い出しても背中がスッと寒くなる失敗は、
誰しも多少は経験があるものなのではと思います。

これら失敗の原因を考えてみると色々な理由が思い浮かぶのですが、
振り返ってみて思うに、結局殆ど全てはコミュニケーションに
尽きるんだよなぁと思い至るようになりました。

18年掛かってやっと気づいたのか!と突っ込まれそうですが、
全くその通りでお恥ずかしい限りです。

ただ、コミュニケーションは大事と誰しも思ってはいても、
現在進行形で様々な形で繰り広げられているもので、
意識していないと思わぬ落とし穴にハマる怖さを
常に持っていると思います。

意図をきちんと伝え共有出来ていれば、
物事の根本部分を理解し合えているので、
不測の事態にも適切に柔軟に対処できる余力を感じます。
根本部分で共有出来ていない時の事故は、
すべからくして起こったものが殆どで、
突破するためには相当のパワーが必要とされ、
疲弊しがちな状況に陥りやすい。

どうすればキチンと意図を伝え、
共有することが出来るのでしょう?
もちろん経験値による所も多分にあると思いますが、
基本の基本は曖昧で不明瞭な点を残さず、
納得するまで話すという事に尽きます。

分らない事は聞く、伝えたいポイントを整理して話す。
思えば小学生の頃からよく言われてきたフレーズです。
基本を踏まえて実践していけば、
おのずとコミュニケーション力は上がっていき、
背中が冷たくなるような体験は減っていくのでは??
自戒も込めて改めて基本を大切に、精進してまいりましょう!