blog

ネガとポジの話

ネガフィルム、ポジフィルム。

写真の世界では至極一般的なフィルム分類です。
ネガフィルムはネガティブ・フィルムの略でポジフィルムはポジティブ・フィルムの略です。
影を軸とするか光を軸とするか。

俗にいうネガティブ要素というものは
日常の中でも絶えず波のように押し寄せてくるものです。

他の経営者の方とその手のお話をする機会がたまにありますが、
それらの受け流しに耐性がある方々が非常に多いと感じます。

経営者に限らず、少なからず責任を背負う立場の方には
ネガティブをポジティブに咀嚼し変える習慣が必要なのかもしれません。

同じ人間なので悩みや不安がそこにはあると思いますが
結果としてポジティブとして咀嚼(変換)出来る人でなければ
それぞれの責任を背負った環境に順応できないのではと感じます。

頭ではリスクヘッジしていたとしても受け入れがたい事象が発生する状況下で
一つ一つを丁寧に「ネガ」から「ポジ」へと変換するための
手立てを講じ結果として全体をポジティブへと導く。
影を光に変える推進力。

日常使われるフィルムがネガフィルムであったとしても
それを常にポジフィルムに変えて「現像」する習慣を身につけたいものです。

考える視点や視野を広げればそれほど難しい事では無いのかもしれませんね。