ss1

blog

ハワイ現地での登壇

ハワイオアフ島にはハワイコンベンションセンターという
国際展示会場があります。(カバー写真)

先日、といっても4月末なので既に数ヶ月前ですが…(-_-;)
ハワイ州観光局(HTJ)さん主催の現地企業向けイベントセミナーで
登壇させていただきました。

ss2

慣れない英語で冒頭ご挨拶させていただきつつも
日本国内でのデジタルマーケティングのトレンドと
ウェブサイトのトレンドをハワイ現地のマーケティング関係者の方々にご紹介すると共に、
ハワイ州観光局さんと弊社でプロジェクトを進めている、
ハワイマスターデータベースの概要をご紹介させていただきました。

このプロジェクトを一言で表現すると「ハワイまるごと公式データベース化」という事なのですが、言うは易く行うは難しな訳でして、
情報をただ入れるだけの箱を用意するのではなく、
永続的に更新されるフロー設計やら、
集合知的な情報収集フロー設計やら、
データ活用フローやら、
データ連携フローやら、、、
各種データフローをデザインすること然り、
ユーザー様はもちろんのこと各アライアンス様、ベンダー様、サプライヤー様など含め三方良しの関係を上手く綱渡って設計する必要があります。

データ自体は「収集/蓄積、更新/削除、利用」という状態3区分と
日本、ハワイという場所区分にユーザー区分を加えた物をベース属性として組み合わせ
全体データ設計されます。

例えば、
『ハワイ』+『利用』+『一般ユーザー』であれば『現地用ツール属性データ』となり
『ハワイ』+『収集/蓄積』+『管理ユーザー』であれば『現地情報管理ツール属性データ』という感じです。
それぞれのデータ属性ごとに様々なツール、機能が用意され関連ログも収集します。
全体を格納するインフラもBigData基盤を含め、全体をCloud上で構成しております。

機能が一通り揃った正式Launchまで数年、
その後はデータマイニングやマシンラーニング、全体API化等を含めた活用フェーズ進行なので
結構長い道のりを予定しているのですが、HTJの皆さんも弊社ハワイチームメンバーもできるだけ前倒しできるように日々頑張っております。

そして7月14日に、第一弾として

プロジェクトのPC側でのフロントメディアとなる
「allhawaii」がLaunchされました!


まだ情報も機能も少なくベータ版という状態ですが、
SEO強化をしつつベーシックな情報が充実されていく予定となっております。

ハワイに詳しい方、掲載されてない現地スポットがあれば
ぜひページリクエストから「このスポットが載ってない!」と突っ込んでくださいませ。

ちなみにイベントセミナーに合わせて
エディプレックスのハワイプロジェクトチームも全員ハワイ現地入りしました。

メンバーの中にはハワイ未経験の者も居たので
プロジェクト進行上、現地見学も兼ねてイベント当日以外は
色々と島を見学で回ってもらいました。

ss3

ハワイ好きで、腕に覚えのある
フロントエンドさん、マークアップさん、デザイナーさん、システムさん居らっしゃいましたら、
ぜひエディプレックスにJOINして一緒に作りませんか?
ご連絡お待ちしております!

マハロ。