IMG_6130

blog

企画展「デジタルメディアと日本のグラフィックデザイン その過去と未来」に行ってきました

日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)が企画・運営している企画展
デジタルメディアと日本のグラフィックデザイン その過去と未来」に行ってきました!

この展示には、弊社で通称?永原塾を月一で開塾していただいています
永原康史さんがJAGDAインターネット委員会 委員長として深く関わっています。
IMG_6131
この展示では、現在までのコンピュータとグラフィックデザインの関係を
プレデジタルメディアの時代、CGの時代、マルチメディアの時代、ウェブ広告の時代と4つの時代に分け紹介されています。

もちろん、そこで紹介される作品はどれも素晴らしいんですが、
何がすごいって、それらの作品は、その作品が発表された時代の
PC上で動かされ、展示されていました。
IMG_6133

これは、すごいです。そして正しすぎます…。

レセプションパーティーでインターネット委員会の方にちょっとお話を伺ったんですが、
機材を用意するのがめちゃくちゃ大変だったそうです。
それはそうですよね…。

こういった形で、そうそうたる作品群を一気に見る事は中々できないと思いますし、
それによって見えてくるものも違うと思います。
この展示は本当にオススメです!!

そして、永原さんつながりで一つご紹介したいのが、
僕は予約してました!!
インフォグラフィックスの潮流: 情報と図解の近代史」が、ついに発売されました!!

51npsySagKL._SX352_BO1,204,203,200_
これはすごいです、曼荼羅からビックデータのヴィジュアライズまで、
(曼荼羅がマウンテン型の関係図とか、そのフレーズだけでよだれがでますね…。)
なんといいますか、インフォグラフィックス版「美術の物語」という感じで、傍らに常に置いておきたい本の一冊になりそうです。
インフォグラフィックスの枠を越え、人間が何を見ようとしてきたのか、そしてこれから何を見ようとしているのかを考える上で、この本は外せないです…。

オススメです!!