blog

ediplexインタビュー:第1回

娘の描いたはっぱの絵

はじめまして、私ediplexでアシスタント業務をさせて頂いているHuと申します。

私の更新では主にediplexの社員の皆さんに突撃インタビューをして、
仕事のこだわりやウェブに関する知識などを記事にしていければと思っています。

とはいえ、今回は第一回目ですのでまずは私の簡単な自己紹介をさせて頂こうと思います。

私以前はウェブ業界とは全くと言っていい程縁のない印刷会社の営業をしておりまして、
チラシの文字修正などでも、先方担当者が紙に手描きした修正原稿を頂きに毎日2、3回
会社と先方を往復するというアナログな日々を送っておりました。
ご縁に恵まれediplexに入社いたしましたが、お恥ずかしながらウェブについては分からない
事だらけ。ウェブを通じてはもちろん、本を読んだり先輩の皆さんに質問させて頂いたりと、
毎日が勉強の日々です。

ウェブ業界に関わらせて頂いてまず変わったのは、ウェブサイトを見る視点でした。

内容の善し悪しとは別に、閲覧しやすいサイト、しにくいサイトがあることは以前から感じて
いましたが、それが「なぜ」なのかをUIやサイト構造を見ながら考えるようになりました。
頻繁にチェックしていたサイトでも新しい発見があったり、「こうしたらもっと使いやすくなるのでは」等、ふと浮かんだアイデアをまたウェブ検索で調べてみたりと、つい夜更かししてしまう
こともしばしば。

まだまだ未熟ではありますが、私もよりよいウェブサイトを世に送り出すお手伝いができるよう、
日々精進してまいります!

※記事画像は私の3歳の娘が描いた「はっぱ」の絵。公園などによく生えているエノコログサ
(ねこじゃらしという俗名の方が広く知られていますね)の花穂を摘んだ後の茎、葉の部分
だそうです。
1本の線に込められた思いが、コミュニケーションによって見えてくる。
私のインタビューでも、そんな体験をお伝えできたら、、というこじつけです。w